NEWS

島田沙羅が4/5〜22上演、オペラ「アイーダ」に助演にて出演!

2018.03.20
【新国立劇場】開場20周年記念特別公演『アイーダ』

(ものがたり)
【第1幕】古代エジプト。エジプト軍の若い将軍ラダメスは、王女アムネリスに仕える奴隷アイーダを敵国エチオピアの王女と知らず、密かに愛し合っている。ラダメスは神託によってエチオピア征伐軍総司令官に任命される。人々は「勝ちて帰れ」と若者を激励するが、アイーダはラダメスへの愛と、祖国エチオピアへの想いの間で苦しむ。
【第2幕】ラダメスを愛しているアムネリスはアイーダと彼の関係を疑い、アイーダにラダメスは戦死したと嘘を言う。アイーダの動揺を見て、嫉妬に燃えるアムネリス。エジプト軍の勝利を祝う式典が行われ、群衆がラダメス率いるエジプト軍の凱旋を迎える。戦利品に続く捕虜の中に、アイーダの父であり、エチオピア国王の身分を隠したアモナズロがいる。エジプト王は、戦勝の報奨としてラダメスにアムネリスとの結婚を命じる。
【第3幕】夜のナイル河畔に、アイーダがラダメスとの密会のためにやってくると、父アモナズロが現れて祖国のためにラダメスから軍事機密を聞き出すよう密命を下す。アイーダに情報を流したラダメスは謀反人として捕らえられ、投獄される。
【第4幕】アムネリスは自分を愛せば命を救おうとラダメスに迫るが、彼は応じようとせず、やがて裁判で死刑を宣告される。地下牢で独り死を待つラダメスの前に牢に忍びこんでいたアイーダが現われ、二人は永遠の愛を誓いながら死を待つ。地上ではアムネリスが死者の冥福を祈り続ける。

<会場>新国立劇場・オペラ劇場
<公演日程>
・4月5日(木)18:00 オペラパレス
・4月8日(日)14:00 オペラパレス
・4月11日(水)14:00 オペラパレス
・4月14日(土)14:00 オペラパレス
・4月17日(火)14:00 オペラパレス
・4月20日(金)18:00 オペラパレス
・4月22日(日)14:00 オペラパレス

<チケット>
・S席:29,160円
・A席:23,760円
・B席:16,200円
・C席:10,800円
・D席: 5,400円
・Z席: 1,620円

*予定上演時間:約3時間55分(休憩含む)
*大幅に変更になる場合は、後日あらためてご案内いたします。正式な上演時間は開幕直前の表示をご確認ください。
*開場は開演の45分前です。開演後のご入場は制限させていただきます。
*4月17日(火)は2階・3階の一部に学校団体が入る予定です。

<スタッフ>
【指揮】パオロ・カリニャーニ
【演出・美術・衣裳】フランコ・ゼッフィレッリ
【照明】奥畑康夫
【振付】石井清子

<キャスト>
【アイーダ】イム・セギョン
[ラダメス]ナジミディン・マヴリャーノフ
[アムネリス]エカテリーナ・セメンチュク
[アモナズロ]堀内康雄
[ランフィス]妻屋秀和
[エジプト国王]久保田真澄
[伝令]村上敏明
[巫女]小林由佳
ほか
[合唱]新国立劇場合唱団
[管弦楽]東京フィルハーモニー交響楽団

■協賛:アサヒグループホールディングス株式会社
出演者:
島田 沙羅
タグ:
舞台

Facebookフェイスブック

Twitterツイッター